え?!家族が逮捕された?他人事じゃない「逮捕」のあれこれ

放火の疑いで逮捕された父親と話がしたい

父親が放火の罪で警察に逮捕されてしまったようです。別居している私のところへその知らせをくれたのは80歳になる母親で、父が逮捕されてからは半日が経っていました。

仕事を早退して警察署にかけつけ、母に詳しい説明を求めると、父が逮捕されたのは今朝5時頃のことだと言います。

そのとき母は既に眠っていて、なぜ父が外に出たのかはわからないということです。

実家の近くには空き家となっている古い一戸建てがあるのですが、父がその庭でライターと新聞紙を持って立っていたのを近所の人が不審者として通報し、その後放火しようとしていたのではということで逮捕されたようでした。

しかし近頃父は痴呆の症状が出てきていましたので、それが原因で警察の方にも何か誤解されているのではないかと私は感じたんです。
煙草を吸う父がライターを持っているのは自然なことですし、新聞は実家の郵便受けに配達されたばかりのものだったのではないでしょうか。

警察の方にもそう尋ねてみましたが、何も教えてもらうことはできませんでした。
とにかく父と直接話をしたいとも申し出てみましたが、まだ面会はできないのだと言われました。
父が警察の方に何を話しているのかはわかりません。でも父は自分の痴呆を自覚していないんです。非常に不安でたまりませんでした。

そんなとき、今の状態でも弁護士に依頼すれば父と話をしてもらうことができると警察の方が教えてくれたんです。
もしこのまま父が勾留されることになってしまったとしても、弁護士さんなら時間等の制限を受けずに面会することができるのだそうです。

先のことはわかりませんし、父が留置所にいるところなんて想像もしたくありません。
父や父を案じる母の不安を取り除くためにも一刻も早く弁護士さんを見つけて父と話をしてもらえるよう依頼するべきなのではないかと考えています。

DATE:2017/7/4

Pickup記事

記事一覧